パークアシスト、カメラ、リア

パークアシスト、カメラ、リア

オプションナンバー: 36648

駐車時に車両後部の視界を広げます。テールゲートに取り付けたカメラは、縦列駐車をするときなど、"後方を確認する目"の役割を果たします。RTI スクリーンが、車両の後ろにある対象物を映し出します。

テールゲートに目立たないように装着されたカメラは、ラゲッジルームに配置されたコントロールモジュールにデジタル画像を送信します。モニターは車両後方のかなり広いエリアを映し出します。高度な画像処理により、モニターの画像はできる限り実像に忠実に見えるようになっています。基準ラインのマークが、車両後方にある障害物とのおよその距離を示します。

このシステムはリバースギヤに入れると作動し、リバースギヤから別のギヤに入ると解除されます。

パーツ ナンバー説明
30786888
+ アプリケーション1
パーツ ナンバー
30765687
+ エキストラクター
パーツ ナンバー
9995919
+ AEM装備車用配線2
パーツ ナンバー
31260634

実際のメリット

  • リバースギヤに入れると、自動的に作動します。

  • RTI スクリーンは、ステアリングホイールの動きに基づいて、駐車位置(後退時は向かっている位置)を可変リファレンスラインで表示します。

  • キットは、配線、コントロールモジュール、及びトランクリッド/テールゲートに装着されている実質上隠れたカメラから構成されています。

  • パークアシストカメラは、RTI との併用が条件となります。

  • 後方の視界が格段によくなります。

  • 車幅と距離情報をラインで表示します。

  • トウバーとトウボールの両方が画面に明確に表示されるので、トレーラーをけん引しながらの後退が楽に行えます。

テクニカルデータ

写真:

VCC_00975

注釈!

パークアシストカメラは、RTI との併用が条件となります。

  1. 別途手続きにより注文し、VIDAを使用してダウンロードしてください。
  2. パークアシストカメラとAEMを同時に取り付けなければならない場合は、この適応配線を使用する必要があります。
最終更新: 5/4/2020