パーソナライズされた車両設定

これらのキットを使用すれば、アラーム、アンロックシステム、シート温度など特定の機能を追加または変更することができます。

アンロック機能1

2ステージ・アンロック

パーツ ナンバー説明
9499637この機能はアメリカ/カナダ向け仕様には装備されています。

ダイレクト・アンロック

パーツ ナンバー説明
9499636この機能は欧州向け仕様には装備されています。

車両のアンロック機能を変更することができます。

ダイレクト・アンロックでは、リモコンのUNLOCK ボタンを1回押すと、リアドアを含むすべてのドアとテールゲートがアンロックされます。

2ステージ・アンロックでは、リモコンのUNLOCK ボタンを1回押すと、運転席のドアがアンロックされます。2回押すと、他のドアもアンロックされます。2ステージ・アンロック機能はこれまで、アメリカ/カナダ向け仕様車に装備されていました。

その他の市場向け仕様車では、工場出荷時はダイレクト・アンロック機能が装備されています。

----------------------------------------------------------------------------------

FUNCTION FOR FLASH ACKNOWLEDGEMENT¹(フラッシュ通知¹機能)

パーツ ナンバー説明
9499397フラッシュ通知/取り付け
9499398フラッシュ通知/取り外し

フラッシュ通知機能は後から、取り付け・取り外しすることができます。

この機能は、ロックしてすべてのドアが閉まると車の方向指示器が1回点灯し、アンロックするとフラッシュが2回点灯します。

----------------------------------------------------------------------------------

自動ロック-06¹ 機能

パーツ ナンバー説明
8637408自動ロック/取り付け
8637409自動ロック/取り外し

自動ロック機能 07-

モデルイヤー2007以降の車両では、運転席側のセントラルロックボタンを使ってこの機能を起動/解除することができます。キーをIまたはIIの位置にして、セントラルロックボタンを5秒間以上押し続けると、この機能がオフ/オンになります。

自動ロック機能は後から、取り付け・取り外しすることができます。

この機能では、ロックが通常位置(ブロックされていない)にある場合、時速が7 km/hを超えるとドアが自動的にロックされます。

走行時にセントラルロックボタンでドアがアンロックされた場合、イグニッションがオフになるまでドアはアンロックされたままです。

ロックボタンを押してドアをアンロックする、あるいは車から降りる際に内側からドアを開けた場合、時速が7 km/hを超えるとドアは再び自動的にロックされます。

開いているドアはロックされません。時速が7km/h以下の時、ドアは自動的にアンロックされません。

----------------------------------------------------------------------------------

アラーム起動/解除機能¹

パーツ ナンバー説明
9499266ロアロック/取り付けをによる、アラームの起動/解除
9499267ロアロック/取り外しによる、アラームの起動/解除

ドアロックによるアラーム起動/解除の機能は後から、追加・削除することができます。

注記:追加的にアラームの起動/解除が行われると、盗難防止性能が下がることがありますのでご注意ください。スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、ベルギー、フランス、イギリスの保険会社では、アラーム起動/解除機能が認められていません。ご利用の保険会社の契約内容を確認してください。

----------------------------------------------------------------------------------

シートヒーター温度機能¹

パーツ ナンバー説明
8651379シートヒーター温度(高)、36-43 °C
8651382シートヒーター温度(中)、 32-38 °C
8651385シートヒーター温度(低)、28-35 °C

シートヒーターの温度を再調整することができます。記載されている温度は、低と高の温度設定における快適レベルを示しています。北欧向け仕様車は工場出荷時、低と高の快適レベルが30-36 °Cに設定されています。

----------------------------------------------------------------------------------

パークアシストの起動ロジックの変更¹

パークアシストの起動ロジックは、VIDAを使って変更することができます。起動ロジックを変更すると、初期設定で15 km/hから始動するパークアシストが解除されます。時速が10 km/h以下になるとシステムが再起動する初期設定とは異なり、ボタンを押すかリバースギヤを入れるだけで、このシステムは再起動します。新しい走行サイクルでは、このシステムは常に起動します。

  1. 別途注文する必要があります。VIDAを使ってダウンロードしてください。
最終更新: 4/24/2019