燃料式ヒーターの概要

エンジンヒーター

エンジンが暖気状態でヒーターを使用する場合:

  • 車のエミッションが低減します。

  • 燃費が向上します。

  • エンジンが摩耗しにくくなります。

車内ヒーター

車の通常の暖房システムによって、温められた水が循環します。さらに自動的にブローファンをオンにし、車内に均等に温かい空気が循環するようにします。

エンジンが暖気状態でヒーターを使用すると、車内が快適な温度に保たれ、さらに以下のようなメリットがあります。

  • 乗車時、車内がすでに温かいので風邪をひきにくくなります。

  • ウインドの霜取りをする必要がありません。

技術情報

左側のフロントウィングの下に簡単に取り付けられます。車の電気系統に接続しています。ヒーターは車両の電気系統に完全に組み込まれているため、車両とヒーター間で車とヒーター間で適切な通信が確立されます。以下のような利点があります。

  • ヒーターが起動していない場合や停止した場合など、故障診断コード(DTC)がある場合はその情報がコンバインドインストルメントに分かりやすいテキストで表示されます。

  • バッテリー電圧が低い場合、バッテリー漏れを防ぐために車内のファンが起動しません。ただしエンジンは暖気状態を保ちます。

  • バッテリーレベルが低い場合、エンジン始動に必要なバッテリーを確保するために、ヒーターが作動しません。

  • 燃料レベルが低すぎる場合、ヒーターは作動しません。

  • エアバッグが起動すると、ヒーターは自動的にオフになります。

  • コントロールユニットが最適化され、効率的なエンジン燃焼を実現します。

タイマー

追加のタイマーは不要です。ソフトウェアをダウンロードした時に、タイマー機能も追加されます。ヒーター及びタイマー、アプリケーション1

工場出荷時に補助ヒーターが装備されている場合、パーキングヒーターに簡単にアップグレードできます:タイマーシステム²

タイマーは、トリップコンピューターと同様に、方向指示レバーのリングを使って簡単に操作できます。トリップコンピューターが装備されていない場合、コントロールレバーを追加することができます。

ヒーターのリモートスタート

リモートスターターは、乗車しなくてもヒーターをオンにできて便利です。障害物がなければ600m以内の距離でトランスミッターを使ってリモートスタートすることができます。寒い日でも快適さを確保する便利なアクセサリーです。

  1. 別途注文する必要があります。VIDAを使ってダウンロードしてください。
最終更新: 5/4/2020