パークアシストパイロット

パークアシストパイロット

ワークショップでのインストールを推奨

オプションナンバー: 36656

パークアシストパイロットは、縦列駐車時など車両前方のスペースが狭いときに、障害物があることを警告する優れたシステムです。このシステムは半自動システムで、前後の障害物までの距離が十分な場合の縦列駐車でドライバーを補助します。車両がステアリング操作を行う一方で、ドライバーはトランスミッション、アクセルペダル、ブレーキペダルの操作を行い、車両のコンバインドインストルメントに表示される指示に従います。

半自動モード:

パーキングアシストを使用して駐車したい場合、車両のセンターコンソールにあるボタンでこの機能をオンにします。オンになると、車両は駐車スペースの探索を始めます。スペースが見つかると、前方で停車するように指示されるため、ドライバーは車両の指示に従って、ギヤセレクター、アクセルペダルおよびブレーキペダルを操作します。

リバースギヤに入れると、車両がステアリングホイールの操作を始めます。このとき、ドライバーはアクセルペダルとブレーキペダルを操作します。車両が駐車スペースに入り、後方の障害物までの距離が30 cmになると、パーキングアシストがドライバーに対して前進ギヤに入れるように指示します。ドライバーが前進ギヤに入れると、車両がステアリング操作を続け、車両前方の障害物までの距離が30 cmになった時点でパーキングアシストがギヤチェンジを指示します。駐車が完了すると、確認メッセージが表示され、運転の主導権がドライバーに戻されます。

手動モード:

このシステムは、速度が30 km/h未満になると作動します。車両の前方の障害物までの距離をシグナル表示します。障害物が認識されると、ラジオやステレオの音が消え、車両フロントスピーカーからパルス調の"ブザー音"が鳴ります。この音は、障害物までの距離が約80 cmになると鳴り始め、障害物までの距離がフロントバンパーから約30 cmになると連続音に変わります。障害物までの距離は、センターコンソールのマルチメディアディスプレイにも表示されます。

フロントとリアのシステムを区別するため、ブザー音に異なる周波数を使用すると共に、それぞれフロントまたはリアのスピーカーからブザー音が聞こえるようになっています。

キットは、フロントに取り付けられた6つのセンサーと配線から構成されています。渋滞時などは、センターコンソールのボタンを押してパークアシストパイロットを停止することができます。

このシステムは、システムのセンサーと同じ周波数を持つ外部音源に反応して、"誤った"シグナルを出す場合があります。クラクションやアスファルトを走る濡れたタイヤ、エアブレーキ、バイクの排気パイプなどがその例です。

パーツ ナンバー説明
31399130取り付けインストラクション
31373890R-design車両用取り付けインストラクション
+ コントロールモジュール
パーツ ナンバー
31423950
+ アプリケーション1
パーツ ナンバー
31330849
+ 洗剤
パーツ ナンバー
9192678
+ アクティベーター2
パーツ ナンバー説明
XXXXXXXX²
+ 穴あけツール3
パーツ ナンバー
9997234
+ ホールツール³
パーツ ナンバー
9997392

実際のメリット

  • 駐車スペースが簡単に見つかります。

  • 縦列駐車などの際に、指示を出します。

テクニカルデータ

アクセサリーの重量:

0.9 kg

写真:

VCC_25997

注釈!

パークアシストパイロットを取り付けるには、車両にアダプティブデジタルディスプレイが搭載されている必要があります。

注釈!

「パークアシストパイロット」は、車両に「リアパーキングアシスト」または「リア&フロントパーキングアシスト」が装備されている場合にのみ使用できます。

  1. 別途手続きにより注文し、VIDAを使用してダウンロードしてください。
  2. 日本での注文は別の手順に従って実施。
  3. この穴あけツールは、取り付け用に数回使用できます。先が鈍くなってきたら新品と交換してください。
最終更新: 4/24/2019